引き寄せの法則が上手な人ほど

あることを意識しています。

 

それは何かというと

 

引き寄せをしようと考えていないということです。

 

 

 

もう一度いいます。

 

引き寄せをしようと考えていないということです。

 

 

どういう意味かわかりますか?

 

 

これは引き寄せのパラドックス(矛盾)なのですが

 

 

引き寄せをしようと頑張れば頑張るほど

 

引き寄せは起こりにくくなることがあります。

 

 

 

むしろ、逆の事が起こってしまいます。

 

 

つまりマーフィーの法則でいう

 

努力逆転の法則というやつです。

 

 

 

引き寄せに興味をもつと言うことは

 

今何かに不足や不満を感じているからに違いありません。

 

 

 

だからどうにかしたい一心で

 

引き寄せを学んで、実践して

 

この状況から抜けだそうと頑張ってしまうのです。

 

 

 

その状態だと

 

実は引き寄せというのは起こりにくいのです。

 

 

 

なぜか?

 

 

欲しい欲しいと思っていると

 

「今は無い、今持ってない・・だから欲しい」と思っていることと

 

同じ事なんですね。

 

 

これはあらゆる引き寄せの本に書かれています。

 

 

 

じゃぁ願望を持つなってこと?

 

と思ってしまいますが

そうではありません。

 

 

願望や欲しいものがあって当然です。

 

でもそれに執着してしまっては逆の現実化を引き寄せてしまう

 

ということなんです。

 

 

いくら欲しいと願ったところで

 

適切なタイミングと原因を積み上げて

 

準備が整っていなければ

 

欲しい現実はやってきません。

 

 

 

欲しいと願うのならば

 

今、目の前の小さなやるべきことに

 

集中して結果を気にせず

 

一歩一歩積み上げていく。これだけなんです。

 

 

 

そうすると執着は自然に外れてしまいます。

 

 

世の中の成功者や

 

スポーツ選手などが

 

いちいち引き寄せの法則とか

 

願望実現の事を気にしているでしょうか?

 

 

 

それよりも着実にやるべきことを

 

淡々とやってきただけだと答えるのではないでしょうか。

 

 

 

願望や目標、欲しい物があっていいのです。

 

 

でもいつも欲しい、欲しいと思っていると

 

結果ばかり気になって

 

「まだない。。まだこない。。」と落ち込んでしまいますよね。

 

 

 

そうではなく、欲しいものとか

 

なりたい目標を手に入れる近道は

 

今、目の前のやるべきことに集中すること。

 

 

 

結果ではなく、行動に意識をフォーカスしているので

 

波動がいい状態になっているわけです。

 

 

 

好きな事をやっているとき

 

身体的にも波動はいい状態です。

 

 

だから良いことも引き寄せられてくるわけです。

 

 

引き寄せがどうしてもうまくいかないときは

 

引き寄せのためにイメージングしたり

 

アファーメーションしたり

 

瞑想したり。。。

 

 

 

いろいろな事をやりますが、

 

 

具体的な行動が伴っていないと

いつまでたっても「まだこない。。」のネガティブループのままなんです。

 

 

以前話したこちらの動画を参考にしていただき、

 

毎日少しずつでいいので

 

やるべきことにフォーカスしてみてください。

 

 

 

必ずよい結果が引き寄せられてきます。