願望を達成したり

欲しいものを手に入れるには

思考×行動×波動(感情)がとても大切です。

 

 

 

今日の「運が良くなる波動の保ち方」を読んでみるだけでも

 

日常生活が少しずつ変わってくるので、最後までじっくり読んで

必要であればメモをとっておいてください。

 

 

そもそも波動を高めるってどういうこと?

 

 

波動は目に見えないものなので

自分がどんな状態なのか

理解するにはとても難しいと思います。

 

 

よく波動が下がっているとか

波動が高いとかいいますよね。

 

 

波動が高い状態だといい状態の

出来事を引き寄せやすいとか

 

 

低いと悪いことばかりおこるとか・・・

 

 

確かに引き寄せの法則のルールで

考えれば、それは間違いではありません。

 

 

同調するものどうしを引き寄せあうのですから

自分が良い状態、良い気持ちでいるほうが

断然いいに決まっています。

 

 

 

でも今までネガティブ思考だった人が

急にポジティブ思考になって

いつも明るく元気!いい気分!

 

 

となるには少々時間はかかります。

 

だいたい人間の習慣がかわるのは

20日から30日間は必要だと言われています。

 

 

それも、習慣のレベルによっても異なります。

 

 

これはかなり極端な例ですが

麻薬に手を出した人が30日でいきなり

習慣や思考が変わるのか?というと

絶対にそんなことはありません。

 

 

なので、思考が変わって

習慣がかわるまでもそのレベルによって

必要となる時間はだいぶ異なります。

 

 

つまり、意識がかわるには

それなりに時間もかかるということです。

 

 

 

意識が変わってくれば

思考、行動、波動のレベルも変わります。

 

 

以前、こちらの記事で具体的にお伝えしたとおり、

思考からまず変えていく必要があります。

 

 

 

なので、世の中で言われている

「良い気分の選択」をいつも意識して

やっていくのも良いことですが

 

 

それよりも、まずは自己コントロール力を

身に着けるほうが上手くいきます。

 

 

 

つまり、どんな出来事にも

「良い悪いの判断を極力下さない能力」

 

 

 

波動を良い方向に保とうとすればするほど

 

「今良い気分になれてるかな?」とか

「ネガティブになってるから運が悪いのかも」などと

余計な事ばかり考えてしまうんです。

 

 

でも日ごろの小さな浮き沈みは

深く考える必要はありません。

 

 

誰だって浮き沈みはあります。

 

人間の気分は上がったり

下がったりを繰り返しています。

 

↓こんなふうに上昇しているけど

下がったりもしているという感じ

 

バイオリズム

 

人間は一日に2万回以上思考する

と言われています。

 

 

つまり、思考と同時に気分の上がり下がりも

かなり経験しているということです。

 

 

 

なので、ネガティブ思考も

ポジティブ思考も連続して

いつも経験しているわけです。

 

 

 

でも、ネガティブな波動が

自分から出ているからといって

「必ず嫌なことを引き寄せるのか」というと

そういうわけではありません。

 

 

ずーーーっとその波動のままでいると

そのエネルギーが蓄積されて

同じような出来事がおこる可能性はありますが

 

 

「ネガティブ思考になってるから

なんか嫌なことを引き寄せるかも・・」と焦る必要はないわけです。

 

 

 

その分いい気分でいる時間帯も経験しているので

自分で気づいていないだけで

いい状態も保てているというわけです。

 

 

 

バランスのとれた波動状態がベストな理由

 

 

バランスのとれたという意味は

一喜一憂しないという状態です。

 

 

僕も昔経験したのですが

何かいい出来事が起きたときに

「やった!めちゃめちゃ嬉しい!!!」と

ガッツポーズして喜びを表現したときよりも

 

 

「良かった。でも当たり前になるかもな」ぐらいに

思って淡々と過ごしているほうが、良いことが

連鎖しやすくなります。

 

 

 

そして、波動の上がり下がりの

波が穏やかになってきます。

 

 

 

つまり、いい時も悪い時も

一喜一憂せず

安心したバランスのとれたリラックスした状態を

いつも保つほうが、良いこと悪いことの波も穏やかになります。

 

 

 

そして、徐々に上に上がっていきます。

 

これは以前もお話しいた通り

「物事には良いも悪いもない」という考えに

基づいています。

 

 

「どちらにせよ、長い目で見れば

自分にとって必要なことが目の前に起きている」

 

 

という考え方が非常にバランスのとれた

波動の保ち方なんですね。

 

 

もちろん、良い結果が残せて

やった!よくやった自分!と

ガッツポーズすることは決して悪いことではありません。

 

 

 

その後も自分の気持ちをコントロールして

しっかりと安定した状態を保てて

 

行動が継続してできるような基礎力がついていれば

 

喜びを表現することは悪いことではないのです。

 

 

 

なので

最初のうちは自己コントロール力を

身に着けていくことをお勧めします。

 

 

波動が今は高いとか低いとか

どうせわからないことなんですから

自分が様々な出来事にバランスよく対応できる

一喜一憂しない力を身に着けると

自然に波動状態も良い状態でキープできるようになります。

 

 

 

続きはこちらの記事で!