過去のトラウマなんてどうでもいい。

過去の事を気にするより、歌って、笑って忘れよう!

そんな事をいうコーチ・カウンセラーもいます。

しかし、これ半分正解、半分大間違いなんです。

今日は引寄せジプシーの方に必ず読んで欲しい内容です。 😉

 

 

過去を笑い飛ばせるようになることで未来は変わる

 

↑この考え方、本質的には間違っていないんです。

過去の事なんて本当にどうでもいいですから。

 

過去なんて笑い飛ばせるようになればそれでいいんです。

 

 

しかし、自己肯定感(セルイメージ)が小さい人は

 

一時的に気持を何かでスッキリさせたとしても

また同様に上手くいかないことを引寄せてしまうことがあります。

 

過去を振り返らず、自分と向き合わず

自分のモヤモヤに蓋をして過ごしていると

大切な気づきを得ることができなくなってしまいます。

 

 

本当の意味で過去を笑い飛ばして

前進できるようになるには

やっぱり過去の捉え方を変える必要があるんです。

 

 

何のためにそんなに苦しい人生を引寄せたのか。

 

何のために彼氏に浮気させたのか。

 

何のために病気をやっているのか。

 

 

そこに重大なメッセージがあるはずなのに

根本的な原因を見ずに、

 

「ワクワクしていれば良いことがある」とか

 

「好きな事だけやっていれば夢は叶う」とか

 

そういった引寄せの安易なテクニック、表面的な考え方に飛びついてしまうと、結局同じ誤ちを繰り返してしまいます。

 

 

つまり、毎回同じパターンを繰り返してしまうというわけです。

 

 

先日もご相談で人間関係が苦手という方いました。

 

今まで派遣の仕事や、自分の好きな事などいろいろやってきたけど

 

いつも同じパターン、同じ人間関係の問題で会社を辞めてしまう。

 

 

そこで、このクライアントさんは引寄せの法則に頼って

ワクワク過ごすことを選んで生活しようと頑張っていました。

自分のやりたいことだけやって楽しくいきれば人生は変わる

 

そう信じてやっていたようです。

 

しかし自分の苦手な人間関係はいっこうに克服されず

 

会社でもやっぱり嫌な人が必ず自分を攻撃してきます。

 

そこで、今度は

いろいろなお茶会や引寄せの個人セッションを受けてきたけれど・・・

 

でも結局うまくいかなかったようです。

 

 

何故このような事が繰り返しおきると思いますか?

 

その根本的な問題を解決しない限り

 

また同じようなことで会社をやめることになったり、

いい感じの会社に入れても、会社のプロジェクトが変わって、異動になってしまう。

こういった事はよく聞く話です。

 

 

これは別に人間関係の問題に限ったことではありません。

 

 

恋愛でも同様に繰り返しのパターンで悩んでいる方がいます。

 

いつもダメな男とばかり付き合ってしまう人

 

いつまでも過去の彼氏を忘れられない人

 

いつも不倫ばかりしていしまう人

 

いつも彼女が既にいる人ばかり好きになってしまう人

 

 

こういった同じ失敗パターンの繰り返しは

引寄せの表面的なテクニックや

ノウハウだけで解決できる問題ではありません。

 

その事に気づいて欲しいと思います。

 

ですから願望実現ノートをいくら書き出しても

 

いくら感謝ノートを書いても

 

量子力学に頼っても

 

スピリチュアルに頼っても

 

自分の問題そのものから目をそらしている限り何の解決にもならない。ということです。

 

わかりきっている事なのに、

何故人は自分の人生となるといい加減な態度をとってしまうのでしょうか。

 

安易な方向に囚われず、

一度自分の上手くいかない原因と向き合ってじっくりとその黒幕を暴き出してみる必要があります。

 

ビジネスであれば、何故今自分は上手くいっていないのか。

 

恋愛であれば自分の中の何が原因で同じパターンを繰り返しているのか。

 

お金であれば、何故いつまでもお金の不足感から抜け出せずにいるのか。

 

 

いつも自分が目をそらしている

何かしらの原因が隠れています。

 

自分が恐れていることや

自分に自信がもてないこと

 

その裏側に原因や重要なメッセージが隠れています。

 

その事から逃げないようにしっかりと自分の弱さに気づいていってください。

 

 

弱さは実は自分の才能に繋がっていることもあります。

 

足りないと思っていた自分の感情は、本当に自分が必要としていることに気付くためのチャンスかもしれません。

 

 

ノートに書き出して向き合っていきましょう。

 

自分の見えていなかった視点に気づけるかもしれません。

 

 

 

是非参考にしていってください。