最近本当に自分にとって必要な事しか起きないなーと実感しています。

感謝する事ばかりだし、気付きの連続なんです。

今日はカフェでお茶している時に私が気づいたインスピレーションを元に大切なポイントをお伝えしていきますね。

 

 

引寄せの法則は欲しい物を手に入れる事だけじゃない

 

これとっても大切なメッセージです。

 

人生はつまり

引寄せの連続であって、

あなたにとって欲しい物を得ることだけが引寄せではありません。

 

日々、自分が気付こうとしていないだけで

 

実はいろんなメッセージやインスピレーションが

 

自分の目の前に展開され、引寄せられています。

 

 

その事に気づいていくと

小さな気付きが大きな結果を生むためのきっかけになっていた事に気付かされます。

 

 

後から振り返ると、

 

「このちょっとした行動、気付きがなければ

 

この人との出会いはなかったな。。」っていうことはたくさんあります。

 

 

引寄せが上手に使えない人は

いきなり大きなモノを引寄せようと必死になります。

 

 

目の前にたくさんの気づきや

小さな幸せは落ちているのに、

そういったことには目もくれず、いつまでも「願望が叶わない・・」と嘆いてしまいます。

 

そしてそのうち、外から何かを「奪う」という意識に偏ってしまいます。

 

 

奪う・・・つまり何かを引寄せてやろう!という利己的な考えです。

 

お金をじゃんじゃん引寄せてやろう!とか

ビジネスをどんどん展開してやろう!とか

理想の恋人を引寄せてやろう!とか

 

 

そんな意識に偏ってしまうと必ずうまくいきません。

 

そうではなく

奪うという意識から、まずは与えるという意識へ変える必要があります。

 

このバランスは非常に難しいですが

かなり大切です。

 

何かを欲しいと求めているとき

 

人は与える気持を忘れてしまいます。

 

与えるというのは必ずしも「何か物や気持をあげる」ということだけではありません。

 

相手が何を求めているかによってそれは変わります。

 

例えば元カレと復縁したい女性が

 

復縁したいからといって

 

一生懸命自分に振り向いてもらうための行動をしたり、プレゼントをあげたり

 

直接会いに行って何かしてあげるというのは、ちょっと違います。

 

 

ときには距離を置いてそっとしておいてあげる。とか

 

考える時間をあげるとか

 

そもそも忘れてあげるっていうことの方が、結果的にお互いのためということもあります。

 

 

 

ビジネスでも同じですね。

 

営業マンが必死に商品を売ろうとして

いろんなメリットを訴えて、無料の粗品をプレゼントしたとしても、お客さんはひいてしまいます。

 

与えると言ってもいろんな意味があります。

 

相手のためになっているかどうか。

 

ここのポイントが重要です。

 

結局、奪うという立場をとってしまうと

 

争い事や揉め事の発端になってしまいます。

 

どんな相手にでも「まずは自分にできることを与える」という意識を持つだけで

 

相手は決して嫌な気持は抱きません。

 

ただし、与えるときも「自分勝手な気持ち」で与える立場をとってしまうと、

 

単純に迷惑な人になってしまいます。

 

 

 

最近なかなか人生が上手くいっていないという方は、今日説明した奪う意識から与える意識へ変えていけるように習慣づけていってください。

 

是非参考にしていただければと思います。