一見自分が何も努力していないように感じても

素敵な出会い、素敵な仕事、お金が「ガッ」と引寄せられてくるときがあります。

しかし、これって本当に自分は何もしていないわけではないんです。

 

今日は引寄せの原点について話します。

 

前回お伝えした、いきなり恋愛も仕事もうまくいき始めた女性。詳しくはこちら

 

この方の感想を見て頂ければわかるとおり、

 

引寄せをちゃんと理解しだすと、本当に物事はうまくいき始めます。

 

自分が現実を創っているという感覚が少しわかるようになります。

 

そのためには、引寄せをちゃんと理解すること。

 

 

そして、まずは

思考→行動→習慣化→波動→現実化

 

このステップは必ず理解しておいてください。

 

 

人は努力を嫌ったり、継続した行動をめんどくさがったりします。

 

しかし、この部分が一番結果と直結していて

 

どうしても

「願いからの行動化」は必然的に必要です。

 

 

引寄せの法則は「待ち」では決してありません。

 

待っていても来るものではありません。

 

何故、自分から取り行けば早くゲットできるのに

 

「来るまで待つ」のでしょうか?

 

そこには

  • めんどくさい
  • 結果がでないので焦る
  • 自分には無理かも
  • 引寄せを信じたい

 

こういった不安が背中合わせにあるからですね。

 

しかし、本当に人生を楽しんで、ポジティブに生きる人は

 

自分から引寄せにいきます。

 

綱引きのように、自分で引っ張るんですね。

 

グイグイ行動します。

 

その瞬間、瞬間は「今」に集中しているので

 

努力=めんどくさいとか

努力=辛い

 

などといった感覚はなく

 

努力=楽しい

努力=快感

 

このような幸せ系のホルモンがガンガン分泌されています。

 

だからどんどん良いサイクルに入っていきます。

 

 

 

以前、ワークショップでこんな質問をくれた方がいました。

 

「あの・・先生、自分が欲しいお菓子があるとき、イメージして願っていれば、もらえたりするものですか?」

 

私はこの質問を頂いたとき、「え?」と驚きました。

 

 

「欲しいなら、自分で買いに行くのが一番早いのに・・」

 

 

この質問の背景にはどんな意図があると思いますか?

 

私が感じたのは

  • そもそも引寄せを信じられるようになりたい
  • 小さいことでも引寄せて自信をつけたい

 

こういった質問や疑問を潜在的に持っている方はけっこうたくさんいらっしゃいます。

 

 

自分で動かなくても引寄せで現実を変えられるんじゃないか・・

超能力のようにイメージしていれば、手に入るんじゃないか・・

 

 

確かに「信じる」ことが極まると、そういった奇跡的なこともありえますが

 

 

この質問をしている時点で「信じられていない」 「引寄せを試している」 そんな状態です。

 

 

本当に欲しい物があるなら、まずは自分から取り行けばいいじゃないですか。

 

 

 

そこに、自分を疑う気持ちだったり、現象を疑う気持ち、めんどくさいという気持ちがあるから現実化が遅れるわけです。

 

 

前々回の記事で、念ずるとは「今」の「心」と書きました。

 

つまり、どんなにめんどくさいと感じることだって、

 

「今」という瞬間に集中して、真剣にとりくめば 楽しくなります。

 

集中しているとき、人は時間を忘れます。

 

 

 

例えば

部屋を隅々まで掃除しているとき、

集中していますよね。

 

トイレを隅々まで掃除しているとき、

綺麗になっていく様を見るととても楽しいですし、集中できます。

 

 

でもやる前は「めんどくさい」と感じるものです。

これは当時なんです。

 

そして一度やり始めてしまえば、意外と楽しめるものです。

これが、ワクワク感や、楽しい気分、良い感じの波動にも繋がっていきます。

 

今に集中して、真剣にとりくむ。

 

仕事が楽しくないと感じている人も

 

「やらされている」という意識でいるかぎり、一生「楽しくない人生」になってしまいます。

 

自分で今やっている仕事に対して、「どの部分に集中して」「どんな目的を持って取り組むのか。」

 

「やらされている」とか「生活のため」とか、こんな意味付けしてませんか?

 

本当にうまくいく人は、180°意味付けが違います。

 

「私は〇〇のためにこの仕事をやっている」

↑この意識です。 目的を持っているか、いないのか。

 

この前提が違うだけで、人生は変えられます。

 

 

引寄せは「待ち」ではなく、「自分からまず取りに行く」「目的を持つ」「今に集中する」

 

これが大切です。