何故、このブログ名は心理技術と言語プログラミングによる引き寄せメソッドというタイトルにしたのか?

それは、「言葉」こそが人間の脳のプログラムを作っていて、それによって人間は洗脳されたり、潜在意識を作り上げたりしているから。

つまり、「言葉」を変えるだけで人生ってらく~に変えることができるのです。

カドゥンブドゥ・キョフテ!!!

 

最初に言葉があった。。という文句は誰でも一度は見聞きしたことがあると思います。

 

確か新約聖書に書かれていた言葉です。

 

これは、言葉として認識して初めて「目に見える世界を具現化できる」といった意味があります。

 

例えば、「カドゥンブドゥ・キョフテ!」と聞いてあなたは何を想像しますか?

 

決して何かの魔法ではありません。

何かの呪文でもありません。

 

これはトルコの家庭料理の名前で、

直訳すると「婦人の太もも」という意味があります。

 

日本でいうメンチカツ的な料理のようです。

 

このカドゥンブドゥ・キョフテという言葉

私は今まで全く知りませんでした。

 

この言葉を知ることで初めて

カドゥンブドゥ・キョフテが私の現実として創られます。

 

知らなければ一生私はカドゥンブドゥ・キョフテを現実化せずに死んでいったでしょう。

 

これは思考は現実化すると同様の意味があります。

 

言葉として認識していないものは、何も現実化することができません。

 

知らない事は現実化できない

願望実現する際に重要なことは「言葉」から変えていくこと。

 

「できない」「わからない」「難しい」という言葉はそれだけで、その現実の証拠集めが始まってしまいます。

 

まず、自分の普段使っている言葉の癖から見直してみましょう。

 

そしてあなたの願望が例えば、「恋人が欲しい」とか「月収200万欲しい」といった願望であれば、まずその願望が自分の中にあることをしっかりと認識し、紙に書き出し言語化しておいてください。

 

そして、次に「月収200万欲しい」のであれば、その方法を知ろうとする旅にでなければなりません。

旅といっても本当に旅にでるのではなく、「思考に旅をさせる」ということです。

 

今までの自分の「知識」の枠の中では到底その願望が叶う確率は低いので、まず「月収200万得る」ための方法を言葉として認識し始める必要があります。

 

そのためには、「好奇心」が大切ですし、子供のような行動力も少しは必要です。

 

例えば、私がやっているコーチングなどという言葉も、私自身も10年前までは一切知りませんでした。

しかし、自分の中で「どうしたら自分の好きな事で収入を得られるだろうか?」という疑問を抱き、アンテナを張り巡らせたことで、「コーチング」という言葉が私の世界に認識され、次に「やってみよう」という段階に入り、実際にやってきたわけです。

 

つまり、これも自分の中で「無理だ」とか「自分には到底起業なんてできない」というレベルの言語を常に使っていたら、コーチングという言葉すらスルーしていたことでしょう。

なぜなら、それを自分の世界に取り入れようとすら思えないからです。

 

まとめると・・

まずは自分の普段使っている言葉の癖から変えよう

そして、好奇心と少しの行動力、アンテナを張り巡らせて、新しい世界に出会うこと

この2つのことが非常に重要です。

とても簡単なので、今日から実践してみてください!

↓↓↓

1200名が既に実践中!

言葉のプログラムで半自動的に引き寄せ体質になるメルマガはこちら