またまた、クライアントさんから超素敵なご報告を頂きました。

現実がどんどん変化していっているようです。

このクライアントさんは「願望実現」のあるポイントを無意識に活用できる方でした。

その話をじっくり解説していきます。

何故、彼女はどん底から変われたのか?

 

Fさんは以前、最初にお会いしたときは

仕事もやめてしまい、精神的にも、体調的にも非常に苦しい状態でした。

 

そして

私のワークショップに2回ほどご参加され、

個人セッションもさせて頂きました。

 

今後どうしていったら良いか非常に悩まれていました。

とても深刻な状況でしたが、個人セッションをさせていただき「あること」をアドバイスさせていただきました。

 

更に一番良かったのは、ご自身でも積極的に様々なことにチャレンジされるようになったことでした。

 

何度かやりとりをする内にどんどん精神面が明るくなっていることがわかりました。

 

そして、ついに先ほど、Fさんから嬉しいご報告を頂きました。

以下は私とのLINE@でのやりとりです。

 

 

どんどん主体的に能動的に動くように心がけ、

ラッキーな出来事に気づくようにしていったことで

お金とパートナー両方を上手に引き寄せられたようです。

 

引き寄せ上手な人が持つ「ある考え」とは

 

ラッキーな出来事を見つけていく作業や

良いことに日々気づいていく作業は

引き寄せの法則を知っている人なら皆さん一度はやられたことがあるかもしれませんね。

 

しかし、効果がものすごく出る人と、効果がでないと嘆いている人がいます。

 

何故この二つの差がでてしまうのでしょうか?

 

それは、物事に対して「受け身の姿勢」なのか「主体性」を持ってそれに取り組んでいるのか。

という前提によってだいぶ結果が違ってきてしまうのです。

 

そのことをFさんは知っていて、主体性を持って動くようになっていました。

 

あらゆる物事に対して常に楽をして、自分に甘い「受け身」の姿勢なのか

それとも自分で何とかするという意識の「主体性」があるのかで、人生は大きく変わります。

 

受け身の場合

「やるべき」という意識、「疑い」、「無気力感」、「甘え」、「人に変えてもらおう」という他力本願の意識が前提にあります。

これをやれば、人生変わるんですよね?だったらやりますけど、本当かしら、こんなことで変わらないと思うけど・・

これやったことあるけど苦しいだけだったし、本当に効果るのかなぁ・・・

こんな感情です。

 

 

主体性を持っている場合

「やってみよう」「これをやって自分で人生変えていこう」「とにかく試して変化に気づいていこう」、「自分で変えていこう」

こんな前提で取り組んでいます。

 

二つの意識の違い、あなたはわかりますか?

受け身なのか、主体性を持っているのか?

 

これを知るだけでもかなり自分を変えていくことができます。

 

あなたは、今日からどんな意識で人生に臨みますか?

 

 

毎日新しい気づきが起こる!↓↓↓

言葉のプログラムで半自動的に引き寄せ体質になる無料メルマガはこちら