人間は生きていると「痛い」想いや「苦しい」という想いを必ずします。

もしかしたら、今まさにこの「苦しい」状態にある人もいるかもしれませんね。

そして、その本当の意味がわかると現状は一変していきます。

この世は相対的にできている

「痛い」「苦しい」という感情は何故あるのでしょうか?

どうせなら、ずっと幸せな感情を維持したいのが人間の望みでもありますよね。

しかし、必ず「痛い」「苦しい」は存在します。

 

痛くないと思おうとしてもそれは無理。

痛いものは痛い

 

何故この痛みや苦しみを感じる必要があるのか?

 

その理由の前に、この世界の「相対性」を理解しておくと良いでしょう。

 

そもそもこの世界は「相対的」にできています。

相対的とは簡単に言うと

他との比較において成り立つ様のことをいいます。

 

つまり比べるものや、相反するものがあるからこそ、一方が存在できるというわけです。

 

苦しみを知っているからこそ、楽しさが理解できます。

 

嫌いを知っているからこそ好きが理解できます。

 

光を感じられるには、闇を知らないといけません。

 

このように、この世界は片方だけでは存在できないわけです。

 

苦しさは何のためにあるの?

 

では本題の苦しみや痛みについてです。

 

人生は苦しみや痛みを知って初めて、大切な事に気づくことがあります。

自分が痛い目にあって初めて、人の痛みも理解できますし、同じ痛みを味わせてはいけないと学びます。

 

苦しい想いをしてこそ、自分の未熟さに気づいたり、達成感を存分に味わうことができます。

 

人生の全てのことが、スムーズに何の問題もなく達成されてしまった場合本当の喜びを感じることができるでしょうか?

本当の学びや成長がそこにあるでしょうか?

 

人は好きこのんで苦しい状態を味わいたいと思う人は誰もいないでしょう

しかし、そこには何らかの意味があります。

 

まだ自分には学びきれていない部分があるのかもしれませんし、

 

まだ気づかなければいけない部分があるのかもしれません。

 

どんな成功者や億万長者でも、人それぞれ人生のステージにおいて悩みを抱えたり課題を抱えているものです。

あらゆることを達成したメジャーリーグのイチロー選手でさえ、苦悩とチャレンジの連続でしょう。

 

であれば、苦しい状態や辛い状態は、単純に「悪いこと」と考えるのではなく、そこから成長に繋がると捉えて設定していくこともできます。

 

苦しい状態を抜ければ必ず達成感や幸福が待っている。そう捉えていくと楽になります。

 

もし今、苦しい状況の方は今日のメッセージを参考にして何度も読みかえしてみてください!

 

心と感情を理解して本当の願望実現を学びたい方はこちらの無料メール講座をお勧めします。