何か失敗してしまったときや

上手くいかなかったとき、休みの日にダラダラしてしまうときなど

どうしてもやる気が出ないときってありますよね!?そんなときに超効果的な無意識レベルでやる気スイッチが入る心理メソッドをお伝えします。

やる気スイッチを無意識レベルで入れる方法

成功者のレベルになってくると

やる気があるとか、やる気がないという次元で動いていません。

 

私もいろいろな方とお会いする機会があり、

あらゆるシーンで成功している人は

どんなことを意識して物事に取り組んでいるのか研究したことがありました。

 

成功者の方たちに共通しているのは

まず自ら積極的に行動を起こすことに対して、努力をおしみません。

 

あるYouTubeで成功している方とお会いしたときも

毎日動画を投稿することに関しては

自分の中で「やる気」があるないにかかわらず

日々のルーティンにしてしまっている。と言っていました。

 

つまり、その道の一流になってくると

やる気があるとか、ないとかというレベルで

物事をとらえていないんですね。

 

では、どうしたらそういった自然に行動をルーティンに落としこめるレベルになるのか?

そのために、とっておきのおすすめなやる気スイッチの入れ方があります。

 

やる気を無意識レベルに落とし込むフックのテクニック!

 

フックのテクニックとは「何かのついでに一緒にやってしまう」という方法です。

 

フックでひっかけるように毎日必ずやることにひっかけて、ちょっとした行動を一緒にやってしまうという方法です。

 

例えばシンクに洗い物がたまっていたら

歯を磨くついでにお皿一枚だけでも洗ってみるといった方法です。

 

歯磨きは毎日習慣としてやっていると思いますが

その毎日やることのついでに、

台所周辺の家事を少しだけやってみるということです。

 

この時のコツはスモールステップで行うということです。

 

最初から全部やろうと決めないことが最大のコツです。

また、部屋の掃除がめんどくさいときにやる気がでるコツは、

 

ソファーに座ったついでにコロコロで身の回りだけゴミをとってみるという方法です。

 

また、英語の勉強をするときに

モチベーションが上がらないなら

トイレに英語の本を置いておいてトイレに座った際に本を開くようにします。

 

するといつの間にか勉強へのモチベーションが戻ってきてエンジンが再びかかり始めます。

 

スモールステップで行動を起こし始めれば

エンジンが徐々に温まって逆に全部やりたくなってしまいます。

 

つまり行動というのは最初のエンジンをかけて動き出すまでが非常に大変なんですね。

一度動きだせばあとは半自動的にモチベーションが保てるようになるわけです。

 

以上が、自然に行動のやる気スイッチを入れるための簡単で効果的なテクニックです。

超おすすめですよ!