物事がうまくいかないとき、

非常にシンプルで今日から使える「人生を上向かせる方法」があります。

 

 

それは自分の感情をじっくりとある法則に従って観察するということ。

今日はそのシンプルで強力な方法をご紹介します。

 

 

自分を観察するだけで人生は上向く

 

 

最近よくメルマガ読者様から頂くご感想で

「自分の感情に気づくワーク」を丁寧にやっていたら

現状の生活に変化が起こり始めたというご報告です。

 

 

 

このワークは特になんてことない、

自分の心や感情を観察するというシンプルなワークなのです。

 

 

何故これが願望実現において基本的に大切な要素なのかというと

 

 

心や感情に振り回されていたり、

自分で勝手に思い込んでしまっていることをそのまま日常で続けてしまうと、

うまくいく物事もうまくいかなくなってしまうことがあるんです。

 

 

感情に振り回されなくなるためには、

まず最初のステップとしては「自分の感情に気づくこと」がスタート地点になります。

 

 

 

気づくことで、自分の勝手な思い込みや、

自動的にネガティブな感情に支配されているという現状に気づけるようになります。

 

 

なので、

 

まずは自分の感情をそのまま押し殺したり、

無視せずに、流れるままに観察するということが重要であるということ。

 

 

 

無理に感情を無視してもダメな理由

 

 

感情を無視する方法としてやってしまいがちな行為は、

 

テレビを見てダラダラしてしまったり、お酒を飲んで忘れようとしたり、

ずっと眠ってしまうというようなことがあると思います。

 

 

 

これらの行為自体が悪いというのではありません。

 

 

時として一時的に気持ちが楽になって切り替えができるなら良いのです。

 

しかし、自分の負の感情はそのまま押し殺してしまったつもりでも居座り続けます。

 

 

 

これが願望実現や目標達成のための「行動」やポジティブなアクションに対して邪魔になることがあるんです。

 

 

いくら引き寄せの法則と言えど、最終的な幸せな結果を呼び込むのは「行動」になります。

 

 

宝くじを当てるにも、宝くじを買うという行動が付きまといますし、

素敵なパートナーと出会うにも、コミュニケーションという行動が付きまといます。

 

 

 

しかし、結果につながる行動を起こす際に、自分の中の感情が邪魔をしたり、

 

「恐怖心」や「自信がないから・・」という感情に流されて、

大切な行動が起こせないと、引き寄せられるものも引き寄せられないでしょう。

 

 

 

 

こういった壁を乗り越えていくためにも、

まずは自分の感情を観察し「どんな物事の捉え方をしているのか」に気づいていくことがとっても大切になります。

 

ではどんな観察方法があるのでしょうか。

 

 

まずはコレを試してみて!

 

そのためには、まず「観察日記」をつけることをお勧めします。

 

当メルマガでも非常に効果的だというご報告をたくさんいただいてます。

 

小学生の頃アサガオの観察日記をつけたことがある人もいると思います。

 

 

まさにそんな感じで、一日の終わりに客観的になれる時間をつくってみましょう。

 

 

3行でもいいので、今日起きた出来事で自分がストレスに感じたこと、

 

 

嫌だと感じた事に「何故そう感じるのか?」

 

という客観的な観察をして、どんなジャッジをしてしまっていたか、見てあげてください。

 

 

そこから新たな気づきが得られることもありますし、気づかないこともあります。

 

 

それはどちらでも大丈夫です。その行為自体がとても大切な学びに繋がります。