心理技術と言語プログラミングによる引き寄せメソッド

メンタルと脳の言語プログラムをベースにした 「科学的な引き寄せ方法」を解説

脳をプログラミングし直して、人生を豊かに変化させていく新しい個人セッションはこちら

脳科学と心理技術の引き寄せ

人間関係が超良好になる!あなたがモテるようになるための心理コミュニケーション術

投稿日:

みなさんこんにちは~

東京もそろそろ桜が咲き始めました♪

 

新しい出会い、新しい仕事など緊張とワクワクが入り混じった春がやってきますね!

 

というわけで、今回は春にふさわしい内容をお届けします。

 

春は何かと新しい出会い、人間関係が増える季節です。

私はどちらかというと、学生の頃は新学期が楽しみで仕方なかった方の人間でした。

 

そして、社会人の方は新しい会社や、新しい部署に異動される場合

また新たに人間関係を築かないといけません。

 

ではどうしたら上司や同僚、後輩、異性からも同棲からも好かれ、頼られ、モテる存在になれるのか?

またどうしたらコミュニケーションが上手に取れるようになるのか?

という話を簡単にまとめましたので、5分ほどで読める内容なので是非読み進めてみてください。

 

人間関係の法則

人間関係を良好に保ちながら、自分自身も周りから好かれる存在になるには

 

ある一定の法則がある!と私は昔から確信を持っていました。

 

それは何か

 

簡単に結論から言うと

「認める、受容する」と人間関係が超うまくいきはじめるという法則です。

 

その理由は後からお教えしますが、

まず人間関係が上手くいかない人の特徴として

 

  • 相手のでかた次第で自分の態度を決める
  • 相手の性格や態度次第で、自分も相手に対する態度を決める

 

という姿勢をとる方がいます。

 

これは一見普通の事のように思えますが、

実は少しずれてしまっているのです。

 

この少しの考え方のズレが大きなコミュニケーションの溝を生むことになります。

 

逆に人間関係が上手で、周りからモテル人はこれとは全く違うスタンスをとっています。

 

それは「相手の態度、行為に関係なく、相手を一人の人として受け入れる」という姿勢です。

 

普通人間は自分を理解してくれる人や

自分と気が合いやすい人には、態度を良くしがちですし、親切な態度をとります。

 

逆に自分を理解してくれない人、対立した考えを持つ人、自分の意見とは反対の人に対しては、反射的になんとなく「イラ」っときてしまうものです。

 

これは誰でも経験があると思います。

 

例えば朝、挨拶をしても挨拶を返してくれない上司や

敬語の使えない生意気な部下がいたとしたら、あなたはどんな反応をしめすでしょうか?

 

ここで不快な感情を持つのはごく自然なことですが、

では何故不快な気持ちになるのでしょうか?

 

それは自分の意にそぐわない行動をとられたからではないでしょうか。

 

つまり、自分の常識を相手におしつけてジャッジしているわけです。

 

「いやいや、挨拶を返すのは一般常識でしょ!」とお怒りになるかもしれませんね。

 

でもその一般常識というのは、あくまでも人間社会がつくった「観念」に過ぎません。

・こうあるべきだ

・こうするべきだ

といった常識の中で生きていると、その枠からはみ出した人を見るだけで不快な感情がでてきます。

それはつまり「こうあるべきというルールに囚われている証拠」でもあります。

 

 

しかし人間は十人十色で、育った環境や親の教育、地域社会での慣習もそれぞれ異なる社会で生きています。

ですから、自分の常識が、一方では常識ではない場合だってあるのです。

 

人間関係が上手くいかなくなる大きな原因は

自分の常識を相手におしつけるということで起こります。

 

ただし注意していただきたいのは

だからといって笑顔でなんでも許してあげましょうという意味ではありません。

 

認める・受容すると上手くいき始める

 

自分に嫌な行為をする人に対して、無理をしてお付き合いする必要はありません。

はっきりと嫌なことは嫌だと伝えることも大切ですし

迷惑行為をする人と一緒に過ごす必要もありません。

 

そんなときは、自分から離れて距離をとるようにしましょう。

 

しかし、一方でどんな人間も一旦は認めてあげる。受け止めてあげる。という考え方も大切です。

自分とは気が合わないからといって一方的に不満を言っていても、お互いに「あいつとは合わない」と敵対していては、人間関係は壊れてしまいます。

 

人間関係が上手な人や周りから好かれる人は、相手の態度や行為に関係なく「相手を受け入れる」とか「認める」という考えをもっています。

 

つまりどんな人間であろうと、「こういう人もいる」「この人にはこの人の常識や考えがあってやっている」という形で、大きな心で認めるという事ができるのです。

 

相手を認めると何が起こるか?

 

先ほど説明したとおり、お互いに「あいつのことは認めない。許さない」という態度をとってしまうと、人間関係はうまくいかなくなってしまうでしょう。

 

一方で相手の事を心の中でだけでも少し認めてあげたり、受け入れてあげる姿勢があれば、あなたから愛が広がっていきます。

 

そして、器の大きい人や、愛に溢れた人の元には、よりたくさんの人間が集まるようになります。

 

例え、対立する相手があなたをいつまでも認めなくても

あなたから周りの人間を認めたり、受け入れていく姿勢をとっていけば、あなたは自然に人気者になるでしょう。

 

何故なら、みんな自分を認めて欲しいと願っているからです。

あなたも経験したことがあると思います。自分の事を受け入れてくれたり、少しでも認めてくれた人には好意をもった経験。

 

つまりみんな一人一人が認められたいと願って生きているのですから、あなたからそれを発信していけばいいのです。

お互いに「認めてくれ~」とやっていたらコミュニケーションは上手くいきません。

 

なので、人から好かれたり、人気者になりたい、モテたいと思うなら、自分を認めさせようと頑張るよりも、自分から先に多くの人を認めてあげるという姿勢や態度から変えていけば、自然にあなたは周りから求められる存在になっていきます。

 

本日は以上となります。

是非皆さんからのコメントやメールお待ちしています!

 

 

メニュー

サイトを引っ越しました。今後は以下のURLで新しい情報を更新していきます。
新しいホームページはこちら

毎日楽しみながら簡単な課題(ミッション)をこなすだけで半自動的に引き寄せ体質に変える2週間無料メールプログラムはこちら(今ならブロックを手放す音声特典付)こちら

-脳科学と心理技術の引き寄せ
-, , , , ,

Copyright© 心理技術と言語プログラミングによる引き寄せメソッド , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.